株式会社ダイヤモンドプロジェクト

静かな解体方法

  東京都品川区にて、L型擁壁の切断撤去工事を請け負い ワイヤーソーで切断予定だったのですが バースター工法にて分割し撤去しました。 バースター工法 前段取りとして、分割後に撤去するための吊り穴と L型擁壁の壁の部分を、垂直に160Φのコア抜きをして バースターのシリンダーを入れる穴を床に2箇所あけました。 バースターによる破砕状況 バースターは1つのシリンダーあたり約250tの力で開くことができます。 弊社の使用しているバースターユニットは、「株式会社元機製」のマシーンです。 シリンダーの数を増やせば増やすほど、力は分散されることなく 500t・・・750t・・・1000t・・・と、どんどんパワーアップしていきます。 鉄筋切断状況 細い鉄筋は引きちぎりますが、丸棒や、太い鉄筋はガスで切断します。 コア穴に鉄板とシリンダーを入れ、開いては鉄板を追加し 亀裂を広げていって、ガスで切断します。 ブロック撤去状況 バースター工法のもう一つのメリットは、切断したブロックの地切りができることです。 ワイヤーソーやウォールソーなどの切断のみですと、地切りができないため 作業半径ギリギリの重量物は、レッカーで無理をしなければいけないときもあります。 バースター工法によるブロック撤去 バースター工法は、レッカーを使う前に地切りができるため 撤去当日のレッカーへの負担を軽くし、作業時間を短縮できます。 弊社が今、もっともお勧めする静かな解体方法です。
このページのトップへ