株式会社ダイヤモンドプロジェクト

基礎杭のバースター解体 1

  基礎杭 工場の跡地の掘削中に、基礎杭が出て来ました。 昭和30年代の基礎杭だそうです。 縦2.5m×横2.5m×高さ1.2m 基礎杭 今回は160Φのコアを約60cmピッチで貫通させてます。 最終的にどれくらいの大きさにするかによって、コアのピッチや本数を決めます。 最初にコア抜き作業を完了しておきます。
このページのトップへ