株式会社ダイヤモンドプロジェクト

コンクリート圧縮試験用 コア抜き

  東京都の技術研究所にて コンクリートの強度を測る圧縮試験用に作った 1m×1m×1m=のコンクリートブロックを 100Φのコアで内側と外側で1本ずつ抜きます。 27日、49日、91日の3回に分けてコアを採取し試験を行います。 コンクリート試験体 途中で削孔を止めたり 刃を取り換えたりすると 抜いたコアが波打ってしまいます。 試験体コア抜き 専用のモーターと、専用のダイヤモンドビット 職人がコンクリートに合わせて 微妙な調整をしながら できるだけキレイな、テストピースのコア抜きを行います。 強度試験用コア 1mのコアを圧縮検査するので 通常は、上、中、下、と長さ205mmでカットします。 今回は、1mの中から4本のコアを取りました。
このページのトップへ