株式会社ダイヤモンドプロジェクト

1 / 1012345...10...最後 »

ダイプロニュース~vol.18(171121)配信分~

ニュースと呼べる程の話ではないですが、
前号で予告していました通り
本メルマガのプレゼントコーナーの裏話を少し。

 
本メルマガの第1号からずっと続く読者プレゼントで、
これまで17回、延べ23名の方に
プレゼントをお渡ししてきました。

 
その中で、
「ご応募者数が多かった」プレゼントの
ベスト3を発表しちゃいます☆*:.。.\(^o^)/.。.:*☆

 

★第3位★
創刊号である2016年6月29日配信(vol.1)の

【ソーダストリーム Genesis スターターキット】

が3位にランクイン♪

早晩使われなくなりそうなタイプの製品ですが、
今も現役で活躍してくれていると嬉しいなぁ。

 

★第2位★
2016年10月25日配信(vol.5)の

【山崎12年】

が2位にランクインしました♪

最近では山崎のレギュラーボトルでさえ
関東では入手しづらくなっていますので、
山崎12年となると更に貴重ですね!
一度飲んでみたいものです。

 

★第1位★
そして栄えある第1位は・・・

ちょうど1年前の2016年11月22日配信(vol.6)の・・・

★ドン・ペリニヨン ヴィンテージ2006★

 
でした!

読者プレゼント史上最高額でもあるこちらの賞品。
ドンペリなんて普段自分で買う事はそうそうないですから
ご応募が多いのも納得ですね☆

 

 
逆に、「最もご応募者数が少なかった」のは・・・

賞品がどれだったかは申し上げませんが、
ご応募者5名という賞品も過去にありました。

 
つまり、当選確率20%ですΣ(゚Д゚ノ)ノ

 

この読者プレゼント、
企画している私が言うのもなんですが
相当お得だと思います(^◇^)

 

プレゼントの応募方法は、

【9.読者プレゼント 今号のプレゼント】

の下の方の

「応募ボタン」

をワンクリックorタップするのみですので、
今まで何となく避けてきたという方も
是非一度ご応募されてみてはいかがでしょうか(๑•̀ㅂ•́)و✧

行ってみた。やってみた。~vol.18(171121)配信分~

本メルマガのvol.16でも取り上げました通り、
今年の9月にHAKUTOクルー会員になった私。

HAKUTOについてご存じない方はこちらをご覧ください。

 
クルー会員の特典の一つとして招待されたイベント、

 
PREMIUM HAKUTO DAYに行ってみた。

 
これはHAKUTOメンバークルー会員
くだけた雰囲気の中で交流する事ができ、
また最新の活動状況の報告もあるイベントで、
非常に有意義なものでした♪

 
会場に入ってまず最初に目に飛び込んできたのは、
見た目も鮮やかなこんな料理達。

見た目重視、かと思いきや、味もなかなかのものでした♪
この料理、ケータリング業者に依頼したそうです。

 
そして、
私が知っている数少ないHAKUTOメンバーのうちの一人、
代表の袴田さんとも色々お話する事ができ、
2ショットの記念撮影にも快く応じてくださいました☆

※ネット上に公開する許可を得ていませんので
 写真は掲載出来ません(^_^;
 
他のメンバーの方々も、
気さくに話をしてくださったり、
気を配っていただいたり、
とても親切でした!

 
更には、まだ一般に公開していない情報も含め
最新の活動報告を聞く事もでき、
より一層HAKUTOを応援しようという気持ちになりました!

 
ローバー「SORATO」の打ち上げまであと1ヶ月と少しですが、
またこのような機会があれば参加したいと思います♪

読者の皆様にも、HAKUTOについて
少しでもご興味を持っていただけたら幸いです☆

※メルマガ掲載分から一部編集しております。

過去の栄光~vol.18(171121)配信分~

ダイプロの過去の栄光を振り返るこのコーナー、
第7回目となる今回は
 【室内土間コンクリート切断工事】
です☆


 
室内の土間コンクリート切断ですと
通常は電動のウォールソーを使用する事が多いのですが、
こちらの現場は工期が限られていたため、
お客様のご要望で
パワーがあって作業スピードが速い
エンジン式の道路カッター2台を使用する事になりました。

ここで問題となるのが換気です。

こちらの現場は基本的には1箇所しか開口が無く
一酸化炭素中毒の危険が高いため、
お客様にその対策を講じていただく事を
道路カッター2台施工の前提とさせていただきました。

その対策がこちらです\(◎o◎)/!

何かすごいですよね(^_^;

送風機を3系統、合計20台以上用意していただき、
このように外気の給気と排気を確保していただきました。

結局、これでも十分には換気が出来ず、
作業中止も検討されましたが、
当初開けられない予定だった別の扉を
特別に開けさせてもらう事で、
何とか事なきを得ました。

とにかく目が痛かったです(>_<)
 

この反省を踏まえて、というわけではないですが、
弊社では新たに電動道路カッターを導入しました!

これにより、室内の土間コンクリート切断工事の際に
換気の必要が無くなり、
また、ウォールソーよりも早い施工が可能となりました☆

 
室内の土間コンクリート切断でお困りの際には
是非一度ダイプロまでご相談くださいませ~

行ってみた。やってみた。~vol.17(171024)配信分~

7ヶ月程前から社用携帯としてiPhone 7 Plusを使用している私。

 
ようやくですが、

今月 Apple Pay デビューしてみました。

 
私がこの7ヶ月の間Apple Payに全く手を出さなかったのは
別に電子マネーに抵抗があるからではありません。

電子マネーに対しては抵抗があるどころか
寧ろ好意を持っているとさえ言えます。

 
と言うのも、私はかれこれ10年近く
おサイフケータイを愛用しているのです(。+・`ω・´)

 
当初は【Edy】を最もよく使用していましたが、
最近は主に
【QUICPay】【iD】【nanaco】【モバイルSuica】
を使用しています。
他にもWAONやANA・家電量販店のアプリ等々も。

 
私にとっておサイフケータイは必需品と言えるもので、
個人用携帯の機種変更時には

おサイフケータイ機能を有している事』

が機種選びの必須条件・・・でした。

 
ですが、昨今の携帯電話・スマートフォン市場における
国内外メーカーの情勢の変化に伴い、
おサイフケータイ機能を搭載している国内メーカー製スマホの
性能の低さに嫌気がさして、
泣く泣くおサイフケータイとお別れする事にしました。。

 

そこで、おサイフケータイの代役として抜擢したのが
社用携帯であるiPhone 7 Plusに元々備わっていた
Apple Payだったというわけです。

先程『おサイフケータイの代役』と申しましたが、
Apple Payおサイフケータイの代役としては
まだまだ力不足と言わざるを得ないですねぇ。

 
Apple Payに対応しているサービスがまだ圧倒的に少なく、
対応している【QUICPay】や【iD】にしても
ただかざせば良いだけのおサイフケータイと比べると
支払い時の手間が多いというのがApple Payの現状です。

なお、【Suica】はおサイフケータイと同じように使えるようです。
私はまだ使用した事が無いですが。。

 

Apple Payの対応サービスの増加と支払操作の簡略化、
この2点が早急になされる事を期待しつつ、
今日もおサイフケータイの無い不便な生活を送るのでした(>_<)

過去の栄光~vol.17(171024)配信分~

ダイプロの歴史の中で人様にお見せできる部分のみを
取り上げているこのコーナー。

・・・って別に裏で人様にお見せできないような悪い事を
やっているわけではないですが(^_^;

 
第6回目の今回は 【ガードレール用コア抜き工事】 です☆

写真の場所は横浜港北ジャンクションで、
第三京浜道路の港北ICから横浜北線に入ったところです。

先日、港北ICを利用する機会があったので
今号でこれを取り上げてみようと思った次第です♪

 
写真のコア抜き工事で開けている穴は
ガードレールのポールを立てるためのアンカー用のものです。
この工事では後日セメフォースアンカーを打設しました。
※アンカー施工の写真はありません、申し訳ありませんm(_ _)m

 
ガードレールや手すりの新設・更新に際して、
ポールを立てるための穴を開ける工事の
ご依頼やお問い合わせをよくいただいております。

既存のポールを撤去するために
かぶせ抜きをご依頼いただく事もありますが、
その場合は既存のポールを削ぐ状態にならないように
既存のポールよりも大きい径のコアを抜く事になります。

 
詳細についてご興味のある方はお気軽にご相談ください☆

1 / 1012345...10...最後 »

【月刊ダイプロ通信】読者登録

読者プレゼントが特に好評のダイプロのメルマガ【月刊ダイプロ通信】の読者登録をご希望される方は、以下の必要事項をご入力の上、「送信」ボタンをクリックして登録情報をお送りください。

* 印が付いている項目は入力が必須となります。

会社名
(個人の方は個人とご入力ください)

お名前
(苗字のみで結構ですので本名でお願いします)
例:竹添

メールアドレス
(HTMLメールを受信できるアドレス推奨)
例:info@koanuki.com

電話番号
(固定電話の場合は市外局番からご入力ください)
例:045-633-4310

お住まいの地域
(市町村レベルまででOKです)
例:神奈川県横浜市

購読希望理由
例:ダイプロの事業をもっと知りたい

備考
(何かあればご記入ください)

このページのトップへ