株式会社ダイヤモンドプロジェクト

事例紹介

鉄筋の位置を出したい

壁に穴を開けるに当たって、
事前に鉄筋の位置を出して極力切断しないようにしたい。

そのような時、レントゲン探査を行うのがより確実ですが、
・予算に余裕が無い
・壁の裏側に人が入るスペースが無い
といった場合には鉄筋探査を行う事で、
鉄筋の位置をある程度推定する事が可能です。

 


まず探査したい箇所をお客様に指定(墨出し)していただきます。

 


ご指定いただいた墨の位置を中心に60cm角程度の範囲に
鉄筋探査機を縦方向、横方向それぞれ複数回走らせて探査します。

 


鉄筋探査機には鉄筋の位置がこのように表示されます。

 


鉄筋探査機の画面を基に
鉄筋や埋設物の位置をマスキングテープやチョークなどで
罫書いていきます。

 
最終的にはお客様にコア穴を開ける位置をご指示いただき、
コア抜き作業を行います。

 
前述しました通り、鉄筋探査機はレントゲン探査と比べて
探査精度が劣りますので、
もし可能でしたらレントゲン探査をする事をオススメ致します。

 
ご不明な点などございましたら、
お気軽にダイプロまでお問い合わせください。

コンクリートの土間を調査する

コンクリートの壁は厚みが30cm以下であれば
壁をサンドイッチして
レントゲン検査が可能ですが
コンクリートの土間で下階に人が入れないようば場合は
鉄筋探査機を使って調査します。

鉄筋探査 (1)

土間のコンクリート調査

弊社の鉄筋探査機は
HILTI社製のものを使っていて
シートを使用して調べることによって
3Dでの表示も可能です。

鉄筋探査 (2)

ストラクチャースキャン

鉄筋探査機は超音波を利用したもので
100%見えるわけではありません。

おおよその位置で
鉄筋や配管などを表示します。

鉄筋探査 (3)

HILTI製ストラクチャースキャン

あくまでもレントゲンができない場合の調査方法とお考えください。

コンクリートの内部の調査でご不明な点などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

コンクリートx線探査

改修工事で穴あけ工事が必要になったときに
コンクリートX線探査することにより
内部の鉄筋や埋設物を検査することができます。

今回の工事は、マンションの縦配管を通すため
各階の床に100Φでコア抜きをするためのX線探査です。

コンクリートx線探査

穴あけ工事前にコンクリートの内部を調査する。

上記の写真は床に向けて
X線装置をセットしている写真です。

透過できるコンクリートの厚みは約30cmくらいまで
それ以上になるとだんだんと薄くなり
見えずづらくなってきます。

X線のフィルム

下階から天井に向かってX線フィルムを設置

上記の写真は、下の階から天井に向かって
イメージングプレートという
照射機からX線を受けるシートをセットしているところです。

天井の場合、支え棒のようなものを利用してセットします。
壁の場合は、ガムテープ等で貼り付けて作業します。

デジタルレントゲン装置

建設業ではまだ数少ないデジタルレントゲン装置

弊社のレントゲンは、医療機関で利用されている
デジタルレントゲン装置ですので
JPEGでもPDFでも、画像をパソコンで送ることができます

また、現像するための装置を
現場まで運ぶこともできますので
車が近くに停められない現場でも
作業は可能となります。

コンクリートのX線探査でご質問などございましたら
お気軽にご連絡ください。

あと施工アンカー工事とは

耐震補強工事の一貫としてあと施工アンカー工事というものがあります。

あと施工アンカー

あと施工アンカー

小学校や区役所などで、耐震補強のブレスを入れる際に
ブレスと柱や梁を固定するため
梁や柱にケミカルアンカーを打ち
溶接でブレスを固定し、コンクリートを打ち増しします。

ケミカルアンカー

ケミカルアンカー

小学校や中学校などの夏休みの期間に集中的に工事する場合が多いです。

あと施工アンカー工事

あと施工アンカー工事

あと施工アンカー工事、ケミカルアンカー工事も施工は可能ですので
ご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡ください。

コンクリート内部検査

鉄筋コンクリート構造物の

内部にある鉄筋の数や太さを知る方法として

鉄筋探査機を使用する方法があります。

レントゲンですと、厚みが30cmくらいまでしか見れませんが

それ以上の厚みがあるコンクリートの場合は

鉄筋探査の方が効果的です。

写真はHILTIの新しい鉄筋探査機を使用していますが

かなり精度も高く、扱いやすく、見やすくなり

お客様が納得できるような画面表示になってます。

今までの探査機ですと

だいたいの目安程度で

あまりしっかりとしたデータが出せませんでしたが

こちらの機種を使用すると

かなり説得力のある鉄筋探査が可能になりました。

このページのトップへ