改修工事で穴あけ工事が必要になったときに
コンクリートX線探査することにより
内部の鉄筋や埋設物を検査することができます。

今回の工事は、マンションの縦配管を通すため
各階の床に100Φでコア抜きをするためのX線探査です。

コンクリートx線探査

穴あけ工事前にコンクリートの内部を調査する。

上記の写真は床に向けて
X線装置をセットしている写真です。

透過できるコンクリートの厚みは約30cmくらいまで
それ以上になるとだんだんと薄くなり
見えずづらくなってきます。

X線のフィルム

下階から天井に向かってX線フィルムを設置

上記の写真は、下の階から天井に向かって
イメージングプレートという
照射機からX線を受けるシートをセットしているところです。

天井の場合、支え棒のようなものを利用してセットします。
壁の場合は、ガムテープ等で貼り付けて作業します。

デジタルレントゲン装置

建設業ではまだ数少ないデジタルレントゲン装置

弊社のレントゲンは、医療機関で利用されている
デジタルレントゲン装置ですので
JPEGでもPDFでも、画像をパソコンで送ることができます

また、現像するための装置を
現場まで運ぶこともできますので
車が近くに停められない現場でも
作業は可能となります。

コンクリートのX線探査でご質問などございましたら
お気軽にご連絡ください。