改修工事などでは、よく使うのですが
コア抜きする前に、コア穴の部分に
電気のパイプや、その他の配管が入っていないかを
レントゲンを撮って調査します。
コア穴レントゲン
鉄筋を切ってはいけない場合は
鉄筋探査という方法もありますが
やはりレントゲンの方が確実です。
コア穴レントゲン
このように、鉄筋はしっかりと見えますし
もし他の配管などが入っていてもしっかりと見えますので
配管や鉄筋を、できるだけかわしてコアをあけます。