株式会社ダイヤモンドプロジェクト

事例紹介

1 / 812345...最後 »

高速道路の解体・撤去工事

都内を中心に多い老朽化した高速道路。

今回ご紹介するのは、
この高速道路を片側ずつ通行止めにしながら解体・撤去する工事において、
床版や桁を道路カッターやワイヤーソーで吊り切断・撤去する工事です。

 

こちらは施工前です。
ブロック切断用に白いチョークで墨が出してあります。

 


床版は厚みが300㎜だったため、
作業効率を考え道路カッターによる吊り切断を行い撤去していきます。

 


桁は箇所により形状が様々なため、
形状の影響を受けにくいワイヤーソーによる吊り切断を行います。

 


これらの作業を繰り返し行う事により
老朽化した高速道路の床版や桁を次々と撤去していきます。

繰り返しの作業ではありますが、
高速道路での作業ですので常に緊張感が漂っています。

 

このように、弊社では状況に応じて
様々な物の切断・解体・撤去を行う事が可能ですので、
何かお困りの事がございましたらダイプロまでご一報ください。

静かなコンクリートの壊しかた

河川の底盤のコンクリートを壊す工事だったのですが
近隣に病院や学校があるため
静かな解体工法がもとめられ
今回はバースター工法にて解体することになりました。

コア抜きでコア径160Φにて800mmピッチで
深さはマチマチですが600~800程度あけ
先行で作業を進めます。

ある程度コアが進んだ時点で、キレイに割れるのか試すためいくつか割ってみます。

今回は無筋コンクリートだったため
キレイに割りたい方向にクラックが入りました。

重機の爪で搔き出しながら、ワイヤー胴巻きにて撤去しました。

いたち川撤去

コンクリートを静かに解体し撤去する工法には
カッターを使った切断工法と
バースターを使った静的破砕工法があります。

それぞれメリット・デメリットを検討し
現場に合わせたより良い工法をご提案致します。

お気軽にダイプロまでお問い合わせください。

静的破砕剤

コンクリート擁壁の解体工事において

近隣に病院があり騒音に対してデリケートな状況のため、静かな解体工法として

静的破砕剤を使用しての解体を施主よりもとめられ、弊社で施工しました。

静的破砕剤

静的破砕剤用のコア抜き

説明書を読みながら400mmピッチに40Φで施工

厚みは躯体の厚みがマチマチだったので

200mm~600mmくらいで、躯体を50mm残すように施工しました。

ブライスター

ブライスターによる静的破砕

短時間で破砕できる、カプセルタイプを利用し

5月だったのですが、メーカーの方から夏用が良いとのことで

夏用のカプセルを使用し3時間待ってみました。

静的破砕後

ブライスターによる静的破砕後の状況

予定の時間になっても割れず、クラックも入らなかったので

さらに3時間養生しましたが、すべての穴でクラックも入らず

翌日も見に行ったのですが、状況は変わらず

結果的にバースターでの再施工となりました。

後日メーカーに問い合わせたところ、うまく割るには経験も必要で

施工前には一度相談して、現場の状況に応じた穴の位置を確認してほしいとのことでした。

また、土を躯体の周囲を1面でも覆っていると、抵抗が発生し

静的破砕剤では割れない可能性があるということでした。

今回、静的破砕剤を利用したのは初めてだったので

もうちょっと勉強と経験を積むことが必要な工法だと認識しました。

電動バックホウ

電動で動くコンパクトなバックホウのご紹介です。

写真の女性は、弊社のスタッフで身長155cmです。

電動バックホウ

電動バックホウを使ったコンクリート解体

重量は1.4tなので

エレベーターでも運べる現場もあるかと思います。

キャタピラがゴムなので、床を傷つけず、階段でも登っていけます。

今回は【W7000✕D7000✕H1800】のタワークレーン基礎を解体しました。

電動ユンボ

電動で動くユンボ

躯体がかなり大きいので、160Φのコアを約800ピッチで穿孔し

バースターで破砕をしてから

電動バックホウとエンジン式のバックホウの2台で解体しました。

無人解体機

無人で電動の解体機

電気は動力200V100A

排気ガスが出ないので、屋内での解体工事で利用できます。

また、ブルートゥースリモコンなので遠隔操作が可能です。

屋内で排気ガスを出せないコンクリート解体

人が近くまで行けないような現場の際は

こういった機械を使用したご提案もできます。

リモコン型電動バックホウについてのご相談はお気軽にどうぞ

ハンドクラッシャーによる壁破砕

コンクリートを静かに破砕する方法として
ハンドクラッシャー工法があります。

ハンドクラッシャーはクワガタの大あごのような形状をした機械で
1名ないし2名で機械を持ち、コンクリートを挟んで砕いていきます。

こちらの現場では噛み穴として使えそうな開口が最初からあり
この開口から破砕を始めました。

ハンドクラッシャー施工前

ハンドクラッシャー施工前

最初は幅20cmまで破砕可能で一人で持てる小型ハンドクラッシャー
施工出来ていました。

小型のハンドクラッシャー稼働中

小型のハンドクラッシャー稼働中

ところが、下に進んでいくとモルタルが厚く塗られていたため
壁の厚みが22cmになっており
小型のハンドクラッシャーでは施工出来ない状況でした。

厚みが20cmを超え破砕できない壁

厚みが20cmを超え破砕できない壁

そこで、今度は幅33cm程まで開く大型ハンドクラッシャーを投入しました。
こちらは重量が約55kgもあるため一人での取り扱いは難しく、
またこの現場のようにある程度機械を持ち上げる必要がある場合は
バランサーなどを使用して上から吊った状態にする必要があるため、
小型のものと比べてかなりの労力を要します。

大型ハンドクラッシャーでの破砕

大型ハンドクラッシャーでの破砕

厚み20cmが大きな分かれ目となりますので
ハンドクラッシャーでの工事をご希望される場合は
コンクリートの厚みを出来るだけ正確にご提示いただければと思います。

ハンドクラッシャーについてご不明な点などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

1 / 812345...最後 »
このページのトップへ