コンクリートできるだけ静かに壊す方法として

ハンドクラッシャーという方法があります。

写真はMAX25cm用のハンドクラッシャーですが

もっと大きいサイズのものもあります。

しかし、その分重さも膨れますので

これ以上の大きさになると2人で持ち上げるか

重機などを使ったクラッシャーになります。

鉄筋は切れませんので、ガスで切断するか

火が使えない場所では、ベビーサンダーで切断しながら

コンクリート壁を静かに解体していきます。

ホコリも若干でるため、水を撒きながらの作業が効果的です。

さまざまな機械を利用して、現場に合わせたより良い方法をご提案しています。

ご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡ください。