株式会社ダイヤモンドプロジェクト

事例紹介

11 / 12« 先頭...89101112

ノーアンカーでのコア抜き

仕上げ済みのタイル貼りの壁に
看板設置用の90Φのコア抜きを行いました。

コア抜き1
15cm~25cmくらいの壁でしたら
挟みこむタイプのジグを使い
アンカーを打たずにコア抜きが可能です。

コア抜き2
こういったアンカーを打てない場所でのコア抜き
着工前にご相談ください。
現場の状況に合わせて、適切な道具を準備し
できるだけキレイに作業致します。

マンホールへの穴あけ工事


マンホールの中は狭くてセットが出来なかったので
外側を掘ってもらい、外からの穴あけ作業になりました。
小さい穴で良ければ、60cmくらいのスペースでも
コア抜き出来るマシーンはありますが
通常80cmくらいのスペースがないとコア抜きが出来ません。


マンホールの中の写真です。
新しい家の、新しい排水管を引き込むために
外から穴をあけました。

連続ボーリングによるコンクリート壁切断


地中にある水路の壁を
連続ボーリングにて切断しました。
上部の方は厚み30cmくらいの壁ですが
下部の方は水路になっていて
奥にもう一枚壁があるので
約2.5mのチューブを入れ、奥の壁を切断しました。


連続でのコア抜きを2列して
間の壁を引っ張り出し
この間にシートパイル打ちこむための工事です。

お風呂場の穴あけ

お風呂場の改修工事です。


新しいお風呂、給湯器などを設置するため
新たに穴をあけます。
人が住んでいるところなので、周囲のものを汚さないように
しっかりと養生をしてから穴あけ作業をします。

テストピース

コンクリートの強度試験用に作った
1m×1m×1m=のコンクリートブロックを
100Φのコアで1本で抜きます。

テストピース コア抜き
途中で削孔を止めたり
刃を取り換えたりすると
抜いたコアが波打ってしまいます。

テストピース コア
専用のモーターと、専用のダイヤモンドビット
職人がコンクリートに合わせて
微妙な調整をしながら
できるだけキレイな、テストピースのコア抜きを行います。

テストピース コア
1mのコアを圧縮検査するので
上、中、下、と長さ205mmでカットします。

11 / 12« 先頭...89101112
このページのトップへ