株式会社ダイヤモンドプロジェクト

事例紹介

ガンダム

ガンダム01

凛々しい後ろ姿・・・

ガンダム02

ガンダムの足元で・・・

ガンダム03

300Φのコア抜きでした。

耐震スリット工事

スリット工事とは
地震が起きた時に全倒壊を防ぐため
あらかじめ柱と壁を切り離しておく工事です。

耐震スリット工事

通常はウォールソーを使用して
幅3cmほどのスペースができるように
壁を切断するのですが
障害物があってウォールソーがセット出来ないときは
写真のように連続コア抜きで切断することもあります。

耐震スリット02

どちらの方法でやるかによって
お見積りも変わってくるので
現地調査が必須となり
その後正式なお見積りとさせて頂きます。

ダイヤモンドコア

日本海をバックに
300Φ×500mmのコア抜きです。

大きな穴をあけるときは
小さい穴をあけるときよりも
ハンドルを回す力が必要です。

今は自動で押してくれる装置があるので
大きなコアをあけるときや
他の作業をしたいときには
自動送り装置を使いながら
作業の効率を高めています。

大理石穴あけ

ビルの外壁などの大理石にも
穴あけ工事をすることが可能です。

吸引パッド

仕上がっているので
機械を固定するアンカーを打てませんので
吸引パッドを使います。

大理石穴あけ

大理石やタイルのようなキレイな面でしたら
吸引パッドを使うとアンカーを打たなくてもコア抜きが可能です。
パッドをセットしポンプで中の空気を吸い取り
真空状態にすることでコアマシーンを固定します。

壁の穴あけ

カラオケボックスのエアコン設置のため
外側からコンクリートの壁の穴あけ作業を行いました。

壁の穴あけ

中からの穴あけ作業ですと
内装のクロスなどを汚してしまうので
エアコン用の穴あけは、外側からやることが多いです。

機械の大きさが80cmはあるので
作業スペースとして最低でも、80cmは必要になります。

また高所作業や、狭い場所の場合は
事前の段取りが必要なのでお知らせください。

コンクリートの穴あけ動画はこちらから

このページのトップへ