株式会社ダイヤモンドプロジェクト

事例紹介

コンクリートに穴をあける

横浜市戸塚区にて、道路の補強工事のため
道路脇に杭を打つため
上部にあるコンクリートに穴をあけました。

コンクリートに穴をあける

500Φで深さ700mm~900mmほどの穴をあけ
コンクリートをすべて取り出します。

500Φコア抜き

400Φ以上のコア抜きは、油圧ユニットを使います。
機械1台で1日1本くらいが目安となります。
この現場では、機械をセットするコンクリートが薄かったため
新しいコンクリートを打ち増し
さらに擁壁からもアンカーで固定し
しっかりと機械をセットしました。

コンクリートの穴あけ動画はこちらから

RC壁 穴あけ

RC壁の壁に穴をあける工事です。

RC壁穴あけ

大きな穴をあけたいときは
160Φの刃で連続で花びら状にあけていくことが多いです。
弊社では、600Φまでの穴あけ工事に対応はできますが
段取りから機械まで、大掛かりな工事になるため
コストも時間もかかってしまいます。

RC壁穴あけ2

上の写真も160Φで連続で穴あけをして
壁をくりぬいた工事です。

コア抜きの動画はこちらから

ブロック 穴あけ

新しいフェンスをたてるために
ブロックへの穴あけ工事を依頼されました。
ブロックは機械を固定するアンカーが効かないので
特殊な固定ジグを使用し、ダイヤモンドコアドリルを設置します。

ブロック 穴あけ

今回はコンクリートの壁の上にブロックが乗っていて
ブロック部分に穴をあけ、中をハツリ出し
穴の中心部に、さし筋アンカーを打ちこみ
それからフェンスを設置します。

射し筋アンカー

ブロックを通して、下のコンクリート部分に
さし筋アンカーで固定しているため
フェンスが倒れる心配はありません。

アンカーで固定

このあと、フェンスを立ててモルタルで埋めたら完成です。

小さいコアドリル

ダイヤモンドコアドリル
コア穴の大きさや深さによって
さまざまなモーターを使い分けます。

ダイヤモンドコアドリル

写真のモーターは一番小さいコアドリル
全長が60cmなので、狭い場所で使用することができます。
最低でも60cmの作業スペースがないとコア抜きはできません

モーター小さい分パワーも小さいので
時間もかかりますし、大きな穴はあけられません。

普段は使う機会が少ないので
作業スペースが狭い現場の場合は
事前に「小さいモーターを持って来て」とお知らせください。

ダイヤモンドコアドリル

ダイヤモンドコアドリルとは
ダイヤモンドパウダーを含んだ
コアビットを先端に取り付け
水を使いながら高回転で回し
手動や油圧の力で押しながら
コンクリートを切断するドリルのことです。

ダイヤモンドコアドリル

水を使わない、乾式ビットというものもありますが
粉じんが多量にでることと
作業スピードが遅いというデメリットがあります。

上記写真は傾斜のついた、コンクリート面に
水平に800Φの管を通したいとの依頼を受け
ダイヤモンドコアドリルを使って160Φのビットで
連続して大きな開口をあけました。

ダイヤモンドコアドリルの動画はこちらから

このページのトップへ