株式会社ダイヤモンドプロジェクト

X線検査

  フィルムを現像するには、暗室車を使用します。 レントゲン暗室車 撮影の方はセットしてしまえば一瞬ですが 現像には約15分ほどかかります。 基本的に作業員は2名体制で行います。 1人が現像している間に もう1人が次の場所へ段取り変えを行います。 暗室車内 写真の枚数にもよりますが コア抜き作業員はさらに1名追加し 追っかけての、コア抜き作業も可能です。 土日しか作業ができない改修工事の場合は あらかじめ人数の指定もお願いします。
このページのトップへ