コア抜き

ダイヤモンドコアビットを使って、壁や構造物に穴を開ける工事です。

一般的には25Φ~600Φまで25mm刻みのコアサイズが用意されています。

小さい穴では、マンションの配管用に利用したりもしますが、ワイヤーソーや、ウォールソーでは出来ないような場所を160Φの連続コアで切断したりもします。

水を使うことによりホコリを抑え、ダイヤモンド刃を使うことにより静かにコンクリートに穴をあけることができ、状況にもよりますが10mでも20mでもコンクリートに穴あけすることが可能です。

コア抜き(500Φ)

500Φのコア抜き動画です。

この大きさのコア抜き作業は、それほど多くはないと思いますので貴重な映像です。

H鋼の杭を打つために

500Φにてコア抜きしました。

連続コア

東京都港区にて、アスファルトの下を掘り下げたところに
おそらく昔の橋台が埋め殺しになっていて
これから地下工事の支障となるなるため
連続コアにて地中橋台の切断作業を行いました。


レンガ創りの部分や、天然の玉砂利の入った
とても硬いコンクリートなど、
当然鉄筋も入っていたのですが、
機械をセットするアンカーが打てない場所も多く
かなり難行な工事となりました。


160Φで深さ6メートルまでコア抜きします。
コアガラはもちろん、削孔するビットとチューブも
6メートルとなると人力では持ち上がらないので
毎回レッカーで吊り上げます。


道路の規制もありますので、9時~17時の作業時間で
作業後すべて撤収し、復興板を閉め
道路を開放しないといけません。
近隣への騒音の配慮のため、
連続コアにてコンクリートを切断作業となりました。

コンクリート圧縮試験用 コア抜き

東京都の技術研究所にて
コンクリートの強度を測る圧縮試験用に作った
1m×1m×1m=のコンクリートブロックを
100Φのコアで内側と外側で1本ずつ抜きます。
27日、49日、91日の3回に分けてコアを採取し試験を行います。

コンクリート試験体

途中で削孔を止めたり
刃を取り換えたりすると
抜いたコアが波打ってしまいます。

試験体コア抜き

専用のモーターと、専用のダイヤモンドビット
職人がコンクリートに合わせて
微妙な調整をしながら
できるだけキレイな、テストピースのコア抜きを行います。

強度試験用コア

1mのコアを圧縮検査するので
通常は、上、中、下、と長さ205mmでカットします。
今回は、1mの中から4本のコアを取りました。

供試体のコア抜き動画

圧縮強度試験用供試体のコア抜き動画です。

特殊な機械と、特殊なダイヤモンドビットで施工しています。

1mの長さのコア抜きを

波打たずにキレイに切断するには

専用の機械と、専用のビット、職人の経験が必要となります。

耐震 コア

橋梁01

橋梁の耐震補強の工事です。

橋梁02

この橋梁にコアを抜いて、新しく鉄筋を差し込み

さらに鉄板などで補強し、耐震構造にします

橋梁鉄筋探査

まずは鉄筋探査で鉄筋の位置を確認します。

耐震補強工事ですので、既存の鉄筋は絶対に切ってはいけません。

赤いチョークのラインが、鉄筋の位置です。

鉄筋をかわして、32Φのコアを抜きます。

耐震用コア抜き

鉄筋センサー付き自動送り機

鉄筋センサーの付いた、自動送り機を使用してます。

少しでも鉄筋に当たると感知して、モーターが止まります。

コアやりなおし

鉄筋探査でも、奥の鉄筋までは探知できないため

奥で鉄筋に当たり、削孔やりなおすことがあります。

ダイヤモンドコア工事

厚み60mmの新しいヒューム管に
300Φの穴があいているのを
400Φにあけなおすダイヤモンドコア工事です。

コア抜き
アンカーが打てないので
側面にドリルで穴をあけ
通しボルトで鉄板のジグを設置して
コアドリルを固定しコア抜きしました。

コアドリル

コア抜き工事は穿孔(せんこう)や、削孔(さっこう)という方もいらっしゃいます。

400Φコア抜き

コンクリート床に400Φの穴をあけるコア抜き工事です。

床向き周囲が汚れないようにブルーシートで養生します。

駅の通路でのコア抜きだったので、上部6cmは大理石のタイルでした。

写真は上部6cmのコアがらがとれた状況です。

コア抜き写真

作業終了です。厚みは約12cmでした。

ダイヤモンドビットを使ったコア抜きは、このような穴があきます。

コア抜き 単価

よくコア抜きの単価についてお問い合わせ頂きますので
できるだけ簡単にご説明致します。

コア抜き単価
基本的には
穴の大きさ×穴の長さ×本数お見積り
となります。

例1
50Φ(直径50mm)×20cm×5本=???円

という形になります。

数量が多い場合や、やりやすい場所の場合は、料金が安くなります。
逆に、やりにくい場所や、条件が多い場合、夜間作業などでは若干高くなります。

また、1本でも最低補償という形で料金が発生しますし
1日付きっきりの作業や、相判作業になりますと
1日常傭という形で、1日分の料金が発生します。

建築工事と土木工事でも、単価に大きな差があります。
基本的に弊社では、土木工事が多いのですが

どちらにしても、お見積りの際には
出来るだけ多くの情報を提供頂けると
より正確なお見積りを作りることができます。

お見積りの書き方
お見積りの際は
・何のための穴あけ工事ですか?
・現場はどちらですか?
・電気・水はありますか?
・日時の指定はありますか?
などをお伝え頂き、もし可能でしたら
現場の写真や図面なども送って頂けると
さまざまな提案もでき、より良い施工方法が見つかると思います。

何かご不明な点や、ご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

コア抜き(700Φ)

横浜市鶴見区でのコア抜き作業です。
大きな開口を開けたいときには、160Φのコア抜きで
花びら状に抜いていく方法もあります。

工場内の厚み500Lのスラブに
配管用に700Φの開口を開けます。
160Φの連続ボーリングの映像です。