コンクリート壁をダイヤモンドブレードで切断する方法を
ウォールソー工法と言います。

既存のコンクリートの一部を切り取りたい場合や
一部を解体したい場合に利用することが多いです。
壁にウォールソーマシーンの走るレールをセットし
水を使いながらダイヤモンドブレードで切断していきます。

ウォールソー工法

使用する水の量ですが、20cmの壁を10mくらい切断した場合
約2000Lの水を使います。
室内での作業となりますと、切断水をうまく養生し
回収して処分しなくてはなりません。

乾式ウォールソー工法という方法もあるのですが
乾式の場合は、ホコリ・粉塵が大量に出ますのでそちらも養生は大変です。

ウォールソー工法

コンクリートの切断方法には、現場に合わせた様々な工法があります。
何かご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡ください。