株式会社ダイヤモンドプロジェクト

バースター工法

 
バースターを使った解体方法

バースターを使った解体方法01

W22m×D3m×H2.5mのコンクリートのバースター解体です。
バースター工法02

バースターを使った解体方法

割りたい大きさによって、穴の数も変わってきます。
シリンダー

シリンダー

160Φでコア抜きした穴に、シリンダーを入れます。 バースターはコア抜きも含め、近隣へ配慮した 低騒音低振動の静的破砕工法です。
重機との相判

重機との相判

バースター工法は重機との相判作業がとても有効です。
重機との相判02

重機との相判02

また鉄筋の無いコンクリートの場合はとてもキレイに割ることができます。
重機との相判03

重機との相判03

ユンボやブレーカーで壊しやすくなります。 もっとコア穴を増やせば、バースター工法でもっと細かくすることができます。 現場の状況により、コア穴の本数も変わります。 1シリンダーあたりMAX250tの力がかかるので 4シリンダーでMAX1000tの力で破砕することも可能です。
このページのトップへ