株式会社ダイヤモンドプロジェクト

事例紹介

2 / 1212345...10...最後 »

病院など平日に作業が出来ない現場

病院など稼働(営業)している現場では
平日日中の作業ができないところが多いです。

そういった現場では患者様(お客様)がいない
休診日(休業日)のみ作業を行います。

 
こちらの病院は、平日は稼働しているため
土、日、祝日のみの作業になります。

 
中には平日でも作業可能な病院もあるかと思いますので、
ご依頼の際には作業可能な日程を
あらかじめお伝えいただければ弊社としても予定を立てやすいので
ご協力をお願いします!

 
こちらは病院内でのコア抜き(抜き終わり)の様子です。

 
同日に配管作業が行われないとの事でしたので、
養生テープで簡易的に穴を塞いでいます。

 
また、病院は精密機械などが多く
電気配線を切断してしまうと患者様への影響が非常に大きいので、
事前に電気配線の位置を探査するために
コンクリートレントゲンも一緒に行うことをオススメします。

 
稼働中の配管作業が必要で
コンクリートへの穴開けなどでお困りでしたら
一度ダイプロまでご相談ください!

機械基礎のハツリ補助のためのコア、バースター

機械基礎のハツリ工事を予定しているお客様より、

現場都合でエアーコンプレッサーを使ってのハツリが出来ず
電動ピックでのハツリ作業を行う必要があるため、
ハツリの補助としてコア抜き&バースターをお願いしたい。

というご依頼がありました。

 
電動ピックでのハツリ作業は、
エアーコンプレッサーを使っての作業に比べて
音や振動は抑えられるものの、
その分作業効率が悪く時間が掛かります。

そのため、時短の一環で事前にコア抜き&バースターで
割って欲しいという事でした。

 

こちらは施工前(現調時)の様子です。
奥の方に立ち上がっている機械基礎の右半分を解体します。

 

少し話が飛びますが、機械基礎の右半分にφ160のコアを抜きました。

 

バースターのシリンダーと当て板です。
これらをφ160のコア穴に入れます。

 

バースターのシリンダーと当て板を重ねあわせて
コア穴の中に入れました。

 

バースターのシリンダーのピストンが
機械基礎を内側から押し広げて割っていきます。

 

全てのコア穴にバースターのシリンダーを入れ
割って行くとこのようにクラック(ひび)が多数入ります。

 

バースターによる施工後の機械基礎はボロボロになっているので、
大きく割れて手で持てないサイズのガラだけをハツって壊せば良いので、
この後のハツリ作業の時間は大幅に短縮されました。

 
このように、バースター工法はハツリを始め
重機のブレーカーなどの補助としても効果を発揮しますので、
ハツリやブレーカーなどによる破砕の進みが悪い際には
是非一度ダイプロまでご相談ください!

床の既存開口の拡幅工事

床の楕円形の既存開口を拡幅し長方形にしたい

とのご要望があり、現場に行って参りました。

 

こちらが既存の開口(施工前)です。
便器みたいにも見えますがこちらはトイレではありません。
そして、開口の外周にグルっとスポンジを巻き入れていますが、
これはノロ水(削孔水)が下に漏れないように養生したものです。

 

そして、いきなり施工後です(^_^;
既存の開口の周囲をコア抜きし、ハツリでバリを取り、
またデッキプレートもあったためセイバーソーで切断しました。

 
こちらの現場では既存の配管を残す必要もあったため
破損しないよう慎重に作業を進めました。

 
既存の開口の拡幅は、
現場の状況によって様々なやり方があります。

壁か床か?
開口のサイズや厚みはいくつか?
水を使用した施工は可能か?

お問い合わせの際には上記の情報を含めて
現場の状況を可能な限りお伝えいただければと思います。

 
ご不明な点などございましたら
ダイプロまでご一報ください。

重力式擁壁の解体

道路に近接している重力式擁壁の解体工事です。

道路に近接しているが故に
ただ重機でガシガシ解体する事が出来ないとの事で、
コア抜きとバースターで細かく分割した上でダンプに積み込む、
という流れで工事を行う事になりました。

 

はい、それではこれからこちらの擁壁を解体していきます。

 

こちらの擁壁を横から見るとこのようになっています。

 

少し話が飛びますが、コア抜きで穴を開けて、
その穴にバースターのシリンダーを差し込み
油圧で穴を押し広げたところです。

 

バースターで破砕した事により、
重機のクラッシャーで割る場合とは違い飛散がないため
道路に近接していても作業をする事ができます。

 

分割した擁壁を重機で倒し、
ダンプに積み込んで作業終了となりました。

 

バースターはこのように重機解体の補助として活躍する機会も多いので、
重機解体で振動や騒音が問題になるような場合は
是非ダイプロまでご相談ください。

コア抜き、そして補修

地下駐車場の壁の厚みを調べたい。

というご要望があり、コアを抜く事になりました。

ですが、コアを抜いた後に地下水が漏れてくる恐れがあるため、
厚みを確認した後にコアガラを穴に戻し、
モルタル補修をして穴を完全に埋める事になりました。

 

施工前の壁です。
この壁の厚みを知りたいのです。

 


コア抜きの機械のセット完了。
あとはモーターに頑張ってもらうだけです。

 


コア抜きは問題なく完了。
地下水が溢れてくる事もなく壁の厚みを確認する事ができました。

 


このコアガラを穴に戻します。

 


まずはコアガラを穴に戻し入れました。

 


表面にモルタルを塗り、補修完了です。

 
今回のようにモルタル補修を行う事も可能ですが、
コア抜きとは別に費用がかかりますので、
詳細についてはご相談ください。

2 / 1212345...10...最後 »
このページのトップへ