株式会社ダイヤモンドプロジェクト

事例紹介

地中梁の連続コア切断

基礎杭を打つ前の段階で
地下を掘削中に
となりの建物の地下と
現在工事中の地下をつなぐような
コンクリートの梁がいくつか出てきました。

地中梁の連続コア切断
となりの建物は使っているので
となりとの境界線でコンクリートを切断するため
連続コアでコンクリート梁を切断することになりました。

コンクリート切断(ウォールソー)

浴槽のまわりをウォールソーで12cmカッターを入れ

浴槽の防水まで15cmをハツリ出し

防水をやり直す工事です。

コンクリート解体

幅が約16m。高さが約4m。厚み70cmの鉄筋コンクリートの壁です。

高さ約4m。幅約16m。厚み70cmのコンクリート壁。

近隣からの騒音の苦情が入り
できるだけ静かに壊せる方法として
バースター工法での解体作業になりました。

壁コア抜き後のバースター状況

足場を組み、コア抜き後
バースターでヒビを入れます。

今回は予算の関係で、コア穴のピッチを広くし
ヒビを入れる程度にして
後は重機で噛み壊します。

パワーラム

こちらはバースターユニットの「パワーラム」です。
二輪で移動がしやすく
ハイエースなどにも一人で積み込めます。

MAX250トンの圧力で鉄筋なども引きちぎります。

お誕生日

デンマークの首都コペンハーゲンで
バスドライバーを生業としているムクタルさん
彼は5月5日が誕生日。
その日もいつものようにバスを走らせていると
乗客の1人が突然トランペットを吹き始めます。
初めはいぶかしげだったムクタルさんでしたが‥

コンクリートカッター

今回はガソリンスタンドの壁を
ぐるり一周ウォールソーで切断しました。

コンクリートカッター

コンクリートカッターと言った方がわかりやすいのですが
ウォールソーと呼ばれています。
ダイヤモンドのチップが付いたカッターで
水を使いながら切断します。

ダイヤモンドウォールソー

切断面がキレイであることと
音も静かで、ホコリも出ない切断方法です。

このページのトップへ